• ホーム
  • タミフルと喘息と頭痛薬について

タミフルと喘息と頭痛薬について

2019年09月05日
クシャミをする男性

インフルエンザに感染した場合、タミフルなどのインフルエンザ治療薬が処方されることが多くなっています。
喘息の人はどうしたら良いのかということですが、タミフルと一緒に使えない薬は特に報告がないため、喘息の薬と併用しても問題ありません。
喘息は喘息発作を抑えることと重症化を防ぐことが重要であり、インフルエンザに感染したらタミフルも喘息の薬もしっかり服用するようにしましょう。
また、タミフルは頭痛薬と併用することもできますが、解熱鎮痛剤の中にはタミフルと併用できないものもあるので注意が必要です。
インフルエンザに感染するとまずは高熱が出るのですが、頭痛もよく見られる症状となっています。
発熱に伴って頭痛が起きることもありますし、症状が酷くなるとなかなか寝られないこともあるのです。
ちなみに、熱が下がると頭痛も一緒に治まることが多いため、まずは熱を下げるようにしましょう。
どうしても頭痛が辛い場合は頭痛薬を服用すると良いかもしれません。
また、一般的な風邪と同じように寒気がすることもあります。
寒気は発熱の初期に出ることが多いのですが、インフルエンザの場合は全身に寒気を感じることもあるのです。
その場合は暖かくして過ごすようにしましょう。
咳やくしゃみ、鼻水はウイルスを排出するための作用であり、どのタイプのインフルエンザでも起きることが多いです。
C型は用事が感染しやすいということですが、大量の鼻水が出てしまうことがあるため、周囲への感染を防ぐためにマスクを着用しましょう。
また、喉が炎症を起こし痛みを伴うことがありますし、それによって咳が出てしまうこともあります。
喉の炎症や気管支炎がさらに進行した場合、ウイルスが肺に達して肺炎を引き起こすこともありますが、肺炎というのは治るまでに時間のかかる症状ですし、インフルエンザに感染したら肺炎には注意しましょう。

関連記事
タミフル治療と治癒報告書の提出

くしゃみ、鼻水、咳などと言う症状は風邪の代表的な症状でしょう。こうした症状であると単に風邪で自然に治ると油断して放置する日tも少なくありません。しかしこの症状が真冬の場合にはこうした油断はできません。それはその症状がインフルエンザ感染の初期症状である可能性が払しょくできないためです。こうした症状でも

2019年11月08日
タミフルや解熱剤を使用する事での副作用の危険性

医師が処方する薬でも市販で販売されている薬でも、ほとんどの薬には何かしらの副作用が存在する事があります。ただその頻度や重症度が違うためにあまり注目をされない薬もありますし、一方で重篤な副作用が認められたり、疑われたりした場合には当然、世間的に注目をされる事になります。タミフルや解熱剤も同様で、タミフ

2019年10月05日
タミフルと効果は同等だけどお手頃な薬とは

喉の違和感から始まり、急激に鼻水が分泌され高熱が出て、下痢や嘔吐が伴う場合、風邪と自己判断するのは非常に危険な行為といえます。特に季節が秋口から冬の場合には、この症状はインフルエンザ感染による可能性が極めて高いためです。インフルエンザの場合には40度近くの高熱が見られます。これが一般的な風邪の症状と

2019年08月19日
タミフルの副作用は注意して使えば問題ない?

冬には40度近くの高熱に悩まされ、学校や職場を休む人も珍しくありません。この40度を超す流行感冒症は多くはインフルエンザ感染という事ができます。日本の冬は寒さが厳しく、摂氏零度になる事も珍しくありません。こうした寒さが厳しくなると同時に空気が非常に乾燥する様になります。湿度が低く、乾燥した環境はイン

2019年07月31日