• ホーム
  • タミフルや解熱剤を使用する事での副作用の危険性

タミフルや解熱剤を使用する事での副作用の危険性

2019年10月05日
頭が痛い女性

医師が処方する薬でも市販で販売されている薬でも、ほとんどの薬には何かしらの副作用が存在する事があります。
ただその頻度や重症度が違うためにあまり注目をされない薬もありますし、一方で重篤な副作用が認められたり、疑われたりした場合には当然、世間的に注目をされる事になります。
タミフルや解熱剤も同様で、タミフルには異常行動や脳症などの副作用があるのではないかという事と、解熱剤にもインフルエンザの時なのに使用をすると重篤な副作用があると言われています。
タミフルに関しては、基本的に重篤な副作用はないとされていますが、服用後に異常行動があった事などから使用が制限されている年齢層もあります。
しかしながらその原因としては、タミフルによる副作用なのか、インフルエンザが原因でおこる症状なのかがまだはっきりしていない部分もあります。
特にこの異常行動に関しては小児や中高生などの年齢層に見られるのが特徴のひとつでもあります。
一方、解熱剤の使用による副作用は、インフルエンザの症状がある時に解熱剤を利用した事でライ症候群などの危険性が言われていますが、解熱剤の場合には様々な種類の物がありますので、使用方法の注意が基本になります。
小児の発熱時には基本的には解熱剤は使用しなくても問題はありません。
もし使用をするのであれば、小児専門医の処方する解熱剤を使用する事で副作用の心配はかなり軽減される事になります。
市販で販売されている風邪薬や解熱剤の中にはインフルエンザの時に服用する事でライ症候群などの危険な病気の原因になる事も考えられるので注意が必要になります。
原則的にどちらの薬も直接的に病気を治す薬ではありませんので、絶対に必要なものではありませんが、どちらにしても医師の処方した薬であれば、あまり心配はないといえます。

関連記事
自然治癒はありえないインフルエンザの薬名はタミフル

40度近くの高熱は普段の生活ではあまり見られないと言えます。そのため40度近くの高熱が出ると人は非常に驚き、慌てふためいてしまいます。一般の風邪でこうした高熱が出ることはまずありえないと言えます。こうした高熱が出るのは激しい体の抗体反応であると言えます。一般的に40度近くの高熱が出た場合は風邪ではな

2019年12月09日
タミフル治療と治癒報告書の提出

くしゃみ、鼻水、咳などと言う症状は風邪の代表的な症状でしょう。こうした症状であると単に風邪で自然に治ると油断して放置する日tも少なくありません。しかしこの症状が真冬の場合にはこうした油断はできません。それはその症状がインフルエンザ感染の初期症状である可能性が払しょくできないためです。こうした症状でも

2019年11月08日
タミフルと喘息と頭痛薬について

インフルエンザに感染した場合、タミフルなどのインフルエンザ治療薬が処方されることが多くなっています。喘息の人はどうしたら良いのかということですが、タミフルと一緒に使えない薬は特に報告がないため、喘息の薬と併用しても問題ありません。喘息は喘息発作を抑えることと重症化を防ぐことが重要であり、インフルエン

2019年09月05日
タミフルと効果は同等だけどお手頃な薬とは

喉の違和感から始まり、急激に鼻水が分泌され高熱が出て、下痢や嘔吐が伴う場合、風邪と自己判断するのは非常に危険な行為といえます。特に季節が秋口から冬の場合には、この症状はインフルエンザ感染による可能性が極めて高いためです。インフルエンザの場合には40度近くの高熱が見られます。これが一般的な風邪の症状と

2019年08月19日
タミフルの副作用は注意して使えば問題ない?

冬には40度近くの高熱に悩まされ、学校や職場を休む人も珍しくありません。この40度を超す流行感冒症は多くはインフルエンザ感染という事ができます。日本の冬は寒さが厳しく、摂氏零度になる事も珍しくありません。こうした寒さが厳しくなると同時に空気が非常に乾燥する様になります。湿度が低く、乾燥した環境はイン

2019年07月31日